霧の夜の焼き栗売り


b0051186_851149.jpg


焼き栗、1包み1ユーロ。 約136円。 画用紙より薄くわら半紙よりは厚い紙をくるくると円錐形に巻き、アイスクリームのコーンのような形を作るおじさん。その中に適当な数の熱い焼き栗を入れてくれる。円錐形の包み紙を見るたびに、幼い頃、母親と一緒に行った魚屋を思い出す。壁から釣り下がった新聞紙をクルクルっとおじさんは巻き、その中にシラスがタップリ詰められる。家でも、広告を使ってよく真似をした。砂を入れたり、おがくずを入れたり。この巻紙を久しぶりに見たなあ、と思ったのはどこだっただろう。案外最近の、外国でのことだった。
きりのよのやきぐりうり。あかまきがみきまきがみ。パリでだったか、台北でだったか。
[PR]

by hamster_paso | 2004-12-11 08:59 | foto スペイン Spain