アルゼンチン人はこんなに喜んでいた

b0051186_164984.jpg


16日、アルゼンチン対セルビア戦が行われたとき、わたしはアルゼンチン人の集まるバーにいた。
90分という時間中、彼らがこの写真のようにワ~~~~~~~~ッと盛り上がること、6回。
おまけに、テレビにマラドーナが映るたびに、神マラドーナを讃える歓声が起こる。
しかし、どうにも疲れていた私は、その群れの中で、昼寝をしてしまった。そんな日本人は、彼らの目には、どう映っただろう。

昨日の日本対クロアチア戦は、スペインのニュースでも、酷評されていた。
いや、酷評ならまだいい。期待があったことを裏付けるから。
昨日の評は、こうだった……

「日本は、今回の出場チームの中で、もっとも青いチームです!!」

サッカー専門ニュースで、元オサスナの選手であり、元アイルランド代表であり、現在はサッカー・キャスターとしてテレビに出ずっぱりのマイケル・ロビンソンが、はっきりこう言い切った。青い、という部分には、イノセント、という言葉を使っていた。無垢というべきか、純情というべきか。物を知らない、という意味でもあるだろうし、従順だという意味もあろう。畢竟、日本は、あきれられた、完全になめらた、ということがわかった。

ゴールを入れないということではない。ゴール際でファールを受けたとき、本来ならペナルティになるので、どこの国の選手も、その1点をなんとしても稼ごうと、必死に審判にペナルティを要求するというのに、日本人選手は、誰一人として、ペナルティを訴えるジェスチャーをしない、というように彼らの目には映っているらしい。なぜこんなにおとなしいのか、理解できないらしい。

純粋で、言うことをよく聞いて、自己主張しない。いいことなのか、悪いことなのか。

さらに、ロビンソンが、「ところで、今日の日本戦で、もっとも注目したのは、このシーンです」というと、次にあるシーンが流れた。それは、試合のシーンですらなかった。

試合前、体を震わせながら、大きな口を開けて、堂々と君が代を歌うアレッサンドロ・サントスと、その左に一列に並び、口をほとんど開けずにぼーっと立つように見える日本代表の対比だった。テレビカメラは、サントスから順番に、ゆっくりと、選手一人ひとりを映していった。

「ブラジル人のサントスが、大きな口を開けて日本国歌を歌っているのに、他の選手達は、歌いもしません。あ、口はちょっと開いているかな。でも、これはどういうことなんでしょうね。なんでブラジル人が歌って、日本人が歌わないんでしょう。ブラジル人は陽気で踊りが好きってことでしょうかねぇ」

こうコメントした後、ニュースキャスターが座る半円形の机に集まっているサッカー専門家達が全員、ロビンソンの指揮で、我が「君が代」を、ハミングしてくれた。ノリノリの国歌のように歌おうとしてくれていた。
でも、ハミングの途中で、互いに、顔を見合わせてながら、辞めた。どうしても、ノリノリにはなれないリズムのせいだったのかもしれないが……。

正直、痛い悲しかったですね。嗚呼、イタガナシゐ、って感じでしたよ。
[PR]

by hamster_paso | 2006-06-20 01:48 | サッカー Futbol