カリテの石鹸とパスタの茹で湯

b0051186_15113064.jpg


これは、カリテの石鹸の写真です。西アフリカから持ち帰ったものです。

カリテとは、西アフリカの大きな木。その木の実の種を焙煎して搾り取った液から
カリテ・バターという純正の油が取れます。
その油に苛性ソーダを混ぜたものが、カリテの石鹸。

カリテ・バターは肌の乾燥によく効き、この石鹸はお皿についた油分を簡単に落とします。
カリテの石鹸でお皿やカップを洗った時、手まで潤ったのにはうれしびっくり。
こういうエコなものが、どんどん広まったらいいのにな~、と思います。
しかし上の写真のカリテの石鹸は、使うのがもったいなくて、まだおろしていません。

ふつう家で食器を洗う時、わたしは石鹸も洗剤もほとんど使わず、水洗いか、お湯洗い。
たいがいのお皿はすっきりツルツルになります。
パスタやそばを茹でた時は、茹で汁を洗剤代わりに使います。
これが、非常に効果的。どんな油モノもきれいに落とすので、ナベやフライパンまでこれで洗います。

パスタやそばの茹で汁はビジネスになるのではと思います。冷凍にしてパックにつめてスーパーで売るだけ。茹で汁には、添加物も研磨剤も保存料も界面活性剤も、混ぜたものは不可。冷凍濃縮茹で湯とか、できたりして。やろうと思えば、方法はいくらでもあるでしょう。イタリアン・レストランや、駅前のそば屋の、新たな活躍の道が茹で汁で開けるかもしれませんね。

エコは、いろんな方法でできますね。蛍がほとんど見られなくなってしまったふるさとで、いつもそんなことを考えています。


カリテの石鹸の情報はここをクリック!
[PR]

by hamster_paso | 2007-08-24 15:35 | 生活のこと mi vida