「テロ」と「ゲリラ」:実体のない「テロ」定義

テロリズム報道に関する修士論文をだいぶ時間をかけて書いたせいで、テロリズムに関する研究資料をかなり読んだ。どんな論文も、語彙の定義は必ずする。テロリズムに関する論文であれば、テロとゲリラの定義をきちんとするのがしきたりだ。

「テロ」とは、「恐怖主義」のカタカナ英語である。
一方「ゲリラ」は、「戦士」「遊撃隊」のカタカナ英語だ。

文字通り、テロとは恐れさせると言う意味がある。一方で、ゲリラの源流はguerre(戦争)である。フランス語でもスペイン語でも、la guerre en Irak とイラク戦争を呼ぶ。彼ら英語やラテン語源の言葉を使う国の人々は、この二つの違いを理解している。

中国語では、テロを「恐怖主義」、ゲリラを「遊撃隊」と漢字で書く。だから今問題なのは「恐怖主義」であり「遊撃隊」ではないとよく理解してる。

「恐怖主義」と「遊撃隊」の違いは政治的立場の違いなので、発言は慎重にならざるを得ず、三国志という古典的名作によって政治の世界を肌で知り尽くしている国の民は、迂闊な発言や行動はしない。日本に向けて発言したり行動したりするのは、「迂闊」などではなく政治的に「効果的」であることを理解してるからだと思う。中国人社会での三国志の浸透の仕方は、日本での源氏物語や赤穂浪士を越えている。むしろ、サザエさんに近いのではないか。それだけ庶民に親しまれていると言う意味で。

アラビア語については知らないが、アラビア語が英語から拝借し、「テロ」、「ゲリラ」という外来語で呼んでいるとは想像しがたい。「ジハード」は「聖戦」としてすでに日本の外来語にもなったが、「テロ」、「ゲリラ」にも該当する言葉を使っているはずだ。

つまり。
「テロ」問題を、自国の言葉で考えない国は、またしても日本なのであった。
日本には公用語などないので、もちろんフィリピンやインドの例は当てはまらない。

日本語において、「テロ」はなんだか実体がないように思う。
赤軍派がテロ組織、オウム真理教がテロ組織、と海外では認識されているというのを、自分の中で滞りなく理解するのにかなり時間がかかった。
宮沢賢治は詩の中で「テロル」という言葉を使った。伊藤博文を暗殺した安重根のことを詠ったのだ。感慨深げに。
幸徳秋水は、懐に安重根の写真を入れていたという。お守りのように。
テロリスト安重根は処刑されたが、韓国では郵便切手のなかにいる。

小泉さんが指す「テロ」って、何だ? 

世界のほかの国々が、「テロ問題」を論議し、対応を決断したのは、言葉の定義が‘きちんと’していたからだと思う。‘きちんと’したというよりは、自国の言語なので、一目見て定義がわかるわけだった。戦うにしろ戦わないにしろ、政府は政治的立場を選択し、国民はそれに対して直ちに反応できた。賛成か、デモか。

日本では、「テロ」ということばそのものにあまりに実体がないので、国民も何をどう受け取ったらいいのかわからない、というところがないだろうか。そのためか、イラクへの「ボランティア」についても、いまだに「コンセンサス」が得られていないという気がする。

こんな時期にイラクに行った香田さんも、ある意味、日本の実体のない「テロ」定義の被害者かもしれない。
フランスのニュースでは「日本人バックパッカー(routard)」と紹介されていた。
戦地を見に行くバックパッカー。なんだか、すごく日本っぽいと思った。
[PR]

by hamster_paso | 2004-10-31 03:45 | 日本の問題 Japon