<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

追加:ホリエモン、おととしのブログに掘り出し記事あり!

今、ネットで、超おもしろ記事を読んだところです。

共同通信の記者のブログ:『署名で書く記者の「ニュース日記」』の中の、
2004年6月26日の、小池新さんという方が書かれた記事と、そのコメントです。

1年半も前に、ホリエモンの今を当てるような批判記事と、それについての、読者のコメントに驚かされます。しっかし、署名を入れた記事に、これほどの反響が寄せられたら、普通の神経だったら、ビクビクしてしまうでしょう。物事を見抜くことと、書く事の責任についても、ものすごく考えさせられました。


追伸:
今、うさぎが昼寝をしています。目を閉じたまま、四足をつけて座っているにもかかわらず、こっくりこっくり頭や身体を揺らしてはガクッと倒れ、再び体勢を持ち直してもまた、ガクッと倒れることの繰り返し。音を立てると目を開けてしまうので、こちらが小さくなってパソコン叩いています。
[PR]

by hamster_paso | 2006-01-31 23:07 | 日本の問題 Japon

ホリエモン、海外で報道される2―エル・パイス紙に書かれたこと

そろそろ春が来るような日々が続いていたけれど、ある晩急に冷蔵庫のように冷え込むなあ、と感じたら、翌朝雪が10センチ近くも積もっていました(←29日の日曜日)。三寒四温は、中国だけの特許じゃないようです。それにしても、モスクワの-31℃というのをはじめ、北半球中が、冷却されているのは、「世界よ、頭を冷やせ」という、神のお告げなのでしょうか。

さて、多くの方々から、ホリエモン氏はバルブ再来を象徴するカリスマではない、とご指摘を受けました。メディアだけに頼っていたので、おかげで見えないことが見えました。ご指摘してくださった皆様、ありがとうございます!!

また、ブログやネットもかなり読み、多くのライブドア情報を鎧のように身につけた私。
“ひなの”にはじまり、“会計ソフト弥生買収”から、“安倍晋三”へと、いろいろなストーリーが展開していき、壮大な推理小説を読むようなスリルを味わっています~♪(っていうか、このニュースしか目に入ってこないワタシ)
とくに「会計ソフト弥生」ですが、通勤電車の中で弥生の中吊り広告を見るたびに、「なんで会計ソフトに弥生っていう名前をつけたんだろう」と考えていたので、「あ、あれだ!」と点が線で結びついたかのようにかなり興奮しながら、弥生に関する記事を読みました。

この壮大な物語のなかで、わたしが気になっているのは、「安倍晋三」。なぜかというと、もし彼こそ将来の首相の座を約束されている人物で、ものすごく強いバックがあったとしたら、何をしていても、首相になる前は暴かれないのではないか。でも、首相になる前に、こうしていろいろ暴かれてしまったということは、彼が首相になるのを妨げようとしている黒幕がいるのではないか、っていう気がしているからです。

そう考えていたところ、雪が積もった日曜日、スペインの新聞「エル・パイス」に、ホリエモンの凋落を伝える記事が載っていました。それによると、ホリエモンは自民党から選挙に出馬したとき、「自分はいつか日本の総理大臣になる」といい、ニッポンの首都の新スノビー地区の摩天楼を手に入れて「こんなに美しい景色を毎日眺めることができるなんて、陶酔して鳥肌が立っちゃう」とニタリ、「いつの日か、ぼくは世界の首領になるよ」と豪語した、ということですが。

ということは、ホリエモンと安倍晋三は「総理大臣の座」つながりでもあった?
ますます気になるなぁ。

わたしの“なあんちゃって推理”は、まだまだ続きます……。

・~☆~☆~☆~・ ・~☆~☆~☆~・ ・~☆~☆~☆~・ ・~☆~☆~☆~・

b0051186_19542729.jpg


またまた全然関係ない写真だけれど、これは、お友達になった10歳の女の子のバスルームの窓。雪の日に、こんな窓があったら、うれしいわ~♥
[PR]

by hamster_paso | 2006-01-31 19:58 | 日本の問題 Japon

ホリエモン、海外で報道される

ホリエモンが逮捕されたらしいけれど、ライブドアはわたしが日本の外に出てから、有名になった会社なので、実はわたし、ホリエモンの顔や声をよく知らないデス。ホリエモンと似た顔の写真を3枚並べられて「どれがホリエモンか」って試されても、「これに決まってるじゃん」って指差せる自信がないデス。また、テープを聞かされて、「これはだれの声か」って試されても、「ホリエモンに決まってるじゃん」って答えられる自信も全然ないデス。海外に住むと、海外ニュースには詳しくなるけれど、反面、日本のニュースがまったく遠くなってしまうので、日本のニュースと週刊誌とワイドショーと電車の中刷りが大好きだった私には、かなり辛いデス。

ところで、ホリエモン逮捕までの一連の動きは、こちらでもかなり報道されていて、
「沖縄で関係者が自殺したね。でも本当は自殺じゃないようだね」なんて、聞かれたりしています。
どんな事件だったのか、ホリエモンがどんな人だったのかなども詳しく書いてあるようで、ほかの人から、
「ホリエって男、子どもみたいだね」だなんて、言われたりしています。
でも、わたしよく知らないから、あまり答えられない。で、あわてて、関連ブログ読み漁りましたよ。とほほ。

また「ITの会社って、急成長しても、中身がないから、数年後に終わってしまうってこと、アメリカとかで何年も前に続いたでしょ。給料とかボーナス、株でもらったりするとこもあったりして。一時、はやらなかった? 日本社会は、いまだに、そんな会社を信じていたの?」と言う人も。

う~~~ん、わからん。

もしかして、日本社会は、まだバブルが本当に崩壊したとは信じられずというか信じたくなく、ホリエモンこそバブルを再来させてくれる力だと最大級の期待を込めて、賭けた投資家が多かったのかしらん?
っていうか、結果しかわからないわたしには、どうも、日本社会は、心の奥底、まぶたの裏で、バブルの思い出を引きずって生きていたからこそ、ホリエモンが知らぬ間にカリスマになっていったかのように見えるんだけれど。
嫌いながらも、心のどこかでは、「ホリエよ、夢を繋いでくれ」って思っていた実業家、案外多かったのかしらん。

姉歯元一級建築士のときには、幸い日本にいて、最初から最後のほうまでつぶさに見ることができたのだけれど、今回、輪をかけてすごいだろうニュースやコメントを見れないことが哀しい。

わたしのホリエモン関連ブログを巡る日は、まだまだ続きそうです。



~*~☆~♥~☆~* ~*~☆~♥~☆~* ~*~☆~♥~☆~*


さて今日は生暖かい風も吹いて、晴れ。春はもうそこまで来ているのかも。

b0051186_11172922.jpg

[PR]

by hamster_paso | 2006-01-24 11:59 | 日本の問題 Japon

工事現場

トレドは、ここのところ、毎日午前中は、雨か霧でした。
昼頃、すこし晴れることもあるけれど、調べ物もたくさんあって、外に出て写真を撮るという気になかなかなれませんでした。でも、今日は、カメラを携えて散歩に出てみました。

をっ!唸ったのは、工事現場。パティオのある古い屋敷を大改築している現場でした。
この古い屋敷は、ちょっとした美術館ほどもあるのですが、きっと、細かく仕切られ、マンションになると思います。もったいないなあ。

b0051186_11572873.jpg

[PR]

by hamster_paso | 2006-01-18 11:58 | foto スペイン Spain

【漢字が語る日本の哲学】 戦争は「正しい」!?

わたしは、日本語を勉強したいという学生2人に、毎週日本語を教えている。
そのうち1人は、1月末のテストに備えて漢字を150個覚えないといけないと、ほとんど涙顔。小学1年生の国語の教科書を使っているので、出てくる漢字は簡単だが、スペイン人の学生にとって、全部覚えるのは至難の技だと泣き付かれた。

そこで、漢和辞典を開き、漢字の元の形を図形で説明。すると漢字がイメージとして、彼女の頭に、かなりすんなり入っていったようで、まずは成功。

ところが、中には私も知らなかった意味があり、驚かされた漢字がある。

「正」という字だ。

「正」は、もともと、“国”(口で表す)の中に、“足”(止で表す)がある漢字なのだという。

国の中に足がある形を以って、“「(兵士が)他の国に真直ぐ進撃する」の意味で、「征」を意味し、転じて「まっすぐ・正しい」の意味を表す。”

              (大修館書店 新版 漢語林 第2版 鎌田正 米山寅太郎 著より)

ええっ~!!かなり驚いた。それって、戦争は「正しい」って言うことじゃないか!?!?!?
歴史を通して、わたしたちは、戦争を“正しい”とする思想を、それを表す漢字とともに、受け継いできたということになる。漢字を使う東アジアの国々は、皆、この思想を共有していたということなのか!?

このヨーロッパの学生は、“正しい”という漢字の説明を聞いて唖然とし、「好きじゃないわ」と憮然と言った。

そりゃ、そうだ。わたしもまた、不意打ちに遭った気分だった。歴史を通して、戦争は正しいと、刷り込まれてきたのか……。戦争に反対するのが難しいのが、一遍に解った気がした。

無力だなあ、子孫って。自分の国の言葉をきちんと理解していないと、こんなに無力になるのか。これからは、漢字を一生懸命勉強しようと、この年になって誓った。
ソリティア削除に続き、今年の抱負にしなければ、と強く思う。
[PR]

by hamster_paso | 2006-01-15 04:02 | 日本の問題 Japon

謹賀新年

~♥~☆~み・な・さ・ま~☆~♥~

遅ればせながら、新年明けまして、おめでとうございます。
どうぞ、今年も、よろしくお願いいたします。

「今頃新年のご挨拶だなんて、なに寝ぼけてんだ、この飲んだくれめがっ!」
って怒られそうなんですが・・・・・・・。
す、すみません。あの、飲んだくれていたのではないのです。
実は……、ハマってしまっていたんです。スパイダーソリティアに..... 。

ご存じない方のためにご説明いたしますと、スパイダーソリティアとは、ウィンドウズXPに
ついているトランプゲームなんです。(他のバージョンにもついているかもしれないが)
つい、2ヶ月前に、知ったばかりのゲームなんです。
それまでは、ゲームなんぞに興味など示さなかった真面目少女だったというのに……。

これが、超病みつきになって、目が血走ろうとも、ストーブで部屋が酸欠になろうとも、手も目も頭もとまらなくなってしまい、とうとう最後には、まるで赤い靴を履いたために踊りをやめられなくなった少女が樵(きこり)に斧で足を切断するよう希う(こいねがう)かのように、
「だれか私の腕を切って」ってつぶやきながらプレーし続ける状態だったんです(涙)

しかしそれも、昨日までのこと。
マリリン・モンローが一気に睡眠薬を飲み干すのとほぼ同じ勢いで、わたしは一気にスパイダーソリティアを、削除したのです。
今のわたしは、机の上にうつ伏しているマリリンちゃんそのものです。ププピトゥ~♪

明日からは、真面目にブログします。
“謹賀新年”って、みなさんところで吠えてきたいと思います。ワン♪


b0051186_1345181.jpg


“♪~御願いだれか、わたしを止めて~♪” 
[PR]

by hamster_paso | 2006-01-10 13:12 | 生活のこと mi vida