大月啓介さんのパレスチナ写真展

みなさんに、お知らせです。

パレスチナやイスラエルのことを、様々な角度から深く問いかけるジャーナリスト、
大月啓介さんから、写真展のご案内です。
2月15日まで開催されているので、ぜひぜひ、足をお運びください~!

******************************
写真展  “a day in the life of Palestine”

昨年末からエスカレートしたパレスチナ・ガザ地区での出来事で、
ガザの惨状は多くの人に知られるようになりました。

その中で、破壊と悲しみと「犠牲者の数」は日々伝えられましたが、
かの地でたくましく生きる人々の姿は、ほとんど伝えられませんでした。

でも、その暴力以前には、あるいはその中ですら
(実はパレスチナはもう数十年間、あんな現実の中にいます)、
人々はたくましく、ユーモアを忘れずにいます。

その姿を知ることは、理不尽で悲しい現実を知ることと同じように、
とても大切だと僕は思っています。

というわけで、パレスチナの日常の写真を、
旅と平和をコンセプトにしたパクチー料理屋、
その名も 「パクチーハウス」で、展示させてもらうことになりました。

まずは、気楽に写真を見てやってください。
で、お店で僕を見かけたら (なるべくいるようにします)、
ビール飲んでようが、仕事してようが、
かまわず気軽に声をかけてやってくださいませ。

●期間  2月3日(火)~2月15日(日)
●会場  パクチーハウス http://paxihouse.com/tokyo/
     小田急線経堂駅から徒歩3分ほど 
     地図 http://paxihouse.com/tokyo/access.html
●開店時間 13時半~17時 / 18時~23時 (月曜定休)

2月4日(水)19時~ 撮影者・大月より簡単なごあいさつ&飲み食い
2月15日(日)15時~ トーク  
を予定しています。

******************************

大月さんのブログ「つつがある日々」もまた、いい味を出していて、すてきなんです!
ハンサムでかわいくて愛くるしいパパの姿がなんともいえない♪
そしてパレスチナとイスラエルに関するエッセイは、じ~んと胸に迫ってきます。


b0051186_22262983.jpg

トレドでも、アラブ系の人たち(モロッコ、シリア、アルジェリア、イラン……)が集まって
抗議集会が開かれました!! 
[PR]

# by hamster_paso | 2009-02-07 22:43

フレスコ画修復に命を賭けるミケランジェラたち~las Michaelangelas

みなさま~、あけおめ~♪ (旧暦の新年ということで・汗)

さて、わたしは西暦の元旦から、本当に新しい生活を始めました。
どうしてかというと、理由はこちら→http://hello.chikyumaru.net/?eid=921850

モノカキの有志たちでやっているメールマガジン『地球はとっても丸い』では、
昨年、こんなフォトエッセイも連載しました。ぜひご覧ください♪ 『宿題を忘れた日』

なんだかんだの日々を送っている私ですが、新生活で必要な台所用品を買いに行った店で、旧知の友たちに会いました。名づけて、ミケランジェラちゃんたち。
なぜかというと、彼女たちは天井に張りついて、古い家のフレスコ画を修復しているからです。

b0051186_19272015.jpg

トレドのパティオや古い家の写真を撮り続けている私ですが、修復現場に気軽に足を踏み入れたのはここが初めて。家主が彼女たちに仕事を任せたことで、彼女たちは二人だけで仕事をすることになったので、自由に私を呼んでくれたのです。ついでに家全部の写真まで撮らせてくれました。
持つべきものは、友ですね~♪ 普通は、知らない人たちや業者がやっているので、紹介がないとなかなか、中には入れません。

フレスコ画の修復に使われていたのは、なんと、日本製の紙。
フレスコ画の上に貼り、その上から現代の絵の具で色を足していくのだそうです。
紙は、絵の具を吸い取り、絵の具はフレスコ画の上に浸透していくのだとか。
そうすることで、古い絵を痛めずに修復できるのだそうですよ、、、。


b0051186_1927418.jpg

修復現場にさりげなく置かれていた骨董タイルとかなづち。

b0051186_19275818.jpg

修復現場は、こんな風景のすぐそばでした。
[PR]

# by hamster_paso | 2009-02-05 19:45 | foto スペイン Spain

幸せをつかもうよ!

b0051186_2164552.jpg


先日取材で訪れたお宅の居間の棚の上に、ひっそり隠れていた昔の写真には、
懐かしい幸せが溢れていました!

君にもあったね、こんな頃。
わたしもまた無邪気な気持ちに戻って、幸せつかまえたいな!

2008年、もうすぐ暮れますね!
2009年、みなさまにとって、世界にとって、よい年でありますように!
[PR]

# by hamster_paso | 2008-12-29 02:33 | 生活のこと mi vida

暮れなずむ年

b0051186_3475861.jpg


今月初め、イタリア国境に近いフランス側アルプスの麓で撮った1枚。
この景色に出くわしたとき、日本の雪景色みたいに感じてしばし見とれ、
やがてカメラを持っていたことを思い出し、撮ったのでした。

クリスマスだし年末だから、何かめでたいことを書きたかったけれど、
飯島愛のニュースを見て、ショックでショックで、、、
彼女が渡った三途の川が雪と氷に覆われていたとしても、
春待つあの世で幸せに過ごしてほしいと思いました。

2chに、愛ちゃんのいろんな噂が書いてあり、「う~~~~ん、そうだったのかぁ、、、、、」と
しばし考え込んでしまいました。
何が真実か、わからないけれど、
”せめてクリスマスイブに発見されたことだけでも、よかった。神様は万人に平等だ”
ということを書いたブログも読み、しんみりした気分になりました。

いろんな人たちが、さまざまな想いを抱えて、
人に言えたらどれだけ楽になるだろうという苦しみを抱えて生きているんですね、今この瞬間も。

夕べ、久しぶりに「バベル」という映画を見たのだけれど、
おしの少女が押し殺してきた悲しみを吐き出すかのように嗚咽するシーンで
涙が止まらなくなり。愛ちゃんの死とも、自分の心の奥のなにかとも、シンクロしたのでした。

今年、残り数日あまり、どうか平和に暮れますように。
来年、いい年になるといいな、、、
[PR]

# by hamster_paso | 2008-12-27 04:04 | 生活のこと mi vida