窓辺




b0051186_8465142.jpg





朝早く、写真をとる仕事を終えた帰り道に、モノトーンの窓を見つけた。
中世の魂がまだまどろんでいるような、
辻に古い井戸のある、細暗い石畳の袋小路にある木製の重い扉を開けると、
赤や金のきらびやかなパティオが客人を迎えてくれる家での撮影の後だったので、
この窓辺を囲む建物一面の静かな色合いが、妙に懐かしく目に飛び込んできた。
黒格子、青ふた塗りに、緑一筋、一筆の茶の枠、白、鼠色。
籠の鳥の心配よりも、色の微妙さに、立ち止まること、しばし。
その日以来、通るたびに振り向く窓辺となりにけり、です。
[PR]

by hamster_paso | 2005-10-14 09:00 | foto スペイン Spain